NHK英会話講座を始める前に

NHK英会話講座は英語学習者の味方

昔ながらのNHKラジオ「基礎英語」をはじめ、「100のツボ」「トラッドジャパン」「ニュースで英会話」「リトル・チャロ」など、NHKではとにかく「英語教育」系の番組が充実しています。しかもこれらはすべて受信料のみ(と、僅かなテキスト代)で受講できるわけですから、これを使わない手はありません。

実際、私も最初に英語を独学で身につけようと決心した頃はNHK英会話講座のテキストを買って意気揚々とテレビに向かったものです。

が、…しかし。

初心者は特に注意!NHK英語講座を始めるタイミング

NHK講座の一番の難点は…。ほとんどの人が三日坊主で終わること、です^^;私の場合、三日も持ちませんでした(TT)

周囲の人に聞いても、きちんと継続出来た人の方が珍しいくらいです。一応放送を予約録画したりするのですが、未消化分が2~3回分たまるともうダメですね。本当に、NHKの英語講座って実は「三日坊主」養成講座なのではないか?と疑いたくなるほど、ほとんどの人が挫折します。

ではなぜ挫折する人が多いのでしょうか?

Easy to start, Easy to quit.(始めやすいものは、やめやすい)

まずお金がかからない。レベルごと、種類ごとに色々な番組があり、いつでも誰でも英語の勉強を始められるわけです。しかし、実はここが問題となります。

簡単に勉強を開始できるということは、逆に言えば簡単に諦められるんです。これが非常に高額な英会話スクールのプライベートレッスンだとしましょう。下手するとン十万~百万円以上かかります。しかし、それだけ初期投資額の値が張ると、人はそう簡単に「挫折」しません。というか、「挫折出来ません!」

人間というのは損得勘定で物事をはかる癖がありますから、投資額がデカければ、元を取ろうという思いが働きますから、ちょっとやそっとのことでは諦めないのです。

ところがNHKの講座は誰でも、いつでも、非常に安価(ほとんどタダ同然)で始められますので、投資額を取り返そうなんて気にはならないわけです。そんなのはどうでも良いと

結果、とても内容は良いのに、ちょっとでも「面倒臭い」「また今度にしよう!」と思ってしまうともうダメですね。録画した番組だけがたまりにたまって「ジ・エンド」となるわけです。

NHK英語講座は「ある程度英語力がついてから」始めると良い

上述の通り、NHK英語講座というのは非常に「始めやすい」のですが、その分「諦める」のも簡単であるという本質があります。従って、少しでも「難しい」とか「つまらない」とか「面倒臭い」という気持ちになってしまうと、その時点で挫折してしまう可能性が非常に高いんですね。

で、実際最近のNHK英語講座はレベルが高いです。昔の杓子定規な英会話番組と比べたら、本当に実践の英会話に即したかなりハイレベル、ハイセンスな構成・内容になっています。

それだけに、まだ英語力が十分についていないうちに完璧にこなそうとしても、なかなかついていけない場合も多いわけです。

従って、今まだ英語力が十分についていないと感じられているのであれば、敢えて「先に」NHKの語学講座から始めないことをお勧めします。一番良いのは、「ある程度の英語力・英会話力」がついてから、余裕をもってこれらの語学講座を徹底的に「楽しみながら」活用することです。

私の場合も、最初は挫折しましたが「ある程度の英語力」がついてから再チャレンジしたところ、自分でも感心するほど勉強を続けられましたし、元々内容が優れた番組ばかりですので、得られた英語の知識量、会話力、聴解力は他のどんな高額の教材、スクール等にも勝っていると思います。

ところで、「ある程度の英語力」って「どの程度の英語力」?

これは、少なくとも英語のコミュニケーションに困ることのないレベルですね。例えば、リスニングで言えば洋画や海外ドラマを字幕なしで半分以上は理解できるレベル。もちろん外国人との日常会話がストレスなく出来るレベルのことです。

「そんなレベルに達していないから、今苦労してるんだよ!」

もしかしたら、あなたはそう言われるかも知れませんね。でも、実は私も今では通訳者・翻訳者として働いていますが、元々は「ド」がつくほどヒドイ英語恐怖症で、それでも今言った「ある程度のレベルの英語力」は正味三ヶ月程度で身につけてしまいましたよ^^

ですから、まずは集中して短期間で「ある程度の英語力」をつけ、それからNHKの語学講座なんかをゆっくり、余裕をもって、楽しみながら受講してみると良いかと思います。

次回は、NHK英語講座を100倍有効活用するためのマル秘ノウハウを特集してお送りしますのでどうぞお楽しみに!


元・英語恐怖症の医薬通訳者・翻訳者がお送りする
おもしろくてためになる英語習得メールマガジン!


あなたにお送りするもの

どうすれば英語を話し、聴き取れるようになるのか?

いつでもカンタン・自由に解除が可能ですのでお気軽にどうぞ

*世界最高の信頼と安心の証であるベリサイン社のSSL(Norton SECURED)を使用しています。記入されたメールアドレスはSSLによって暗号化送信されますのでご安心下さい。

メールセミナーを読まれた方からの感想コメント:

* 個人の感想であり効果を保証するものではありません。

「こういう方法を他で聞いたことってあまりなかったので…」

読者の感想1

栃木県 沢村 真弓 さま

このメルマガと出会えたことは神様からのプレゼントじゃないかなぁってくらい感動しながら楽しく読ませてもらってます♪ すっかり忘れていた英語・英会話の楽しさを思い出させてもらえました!!! 初心を思い出すきっかけをもらえたこのメルマガとの出会いに心から感謝の気持ちでいっぱいです!

ビデオセミナーは、なんだかすごく惹きこまれてしまい真剣にしっかりと集中して聞き入ってしまいました(^^)また、3つのレポートを読み、こういう方法を他で聞いたことってあまりなかったので、英語学習者のためにこんな風に、太っ腹にコツを披露してくださる寛大さに本当に感動しました。

最近英語がまた楽しみに変わってます!このメルマガのおかげです!!! このメルマガは本当に楽しいし、英語のやる気がアップするし、私にとって良いことばかりで大感謝です☆★☆★

「半信半疑でしたが、毎回送られてくるメルマガに…」

読者の感想2

兵庫県 上杉 美紀 さま

仕事柄、外国の方と接することが多かったものの、英語が話せず意志の疎通が全く出来ず、また、道を聞かれたときも、英語が話せないばかりにその方につらい思いをさせてしまったことがあります。そんな自分の不甲斐なさと、英語が話せるようになりたい!外国の方とコミュニケーションが取れるようになりたい!そう思い、聞くだけでマスター出来る教材、文法の本など色々手に入れて頑張ってみましたが、身につくどころか挫折してしまいました。

どうしたものかと模索していたところ、こちらのサイトにたどり着きました。過去の経験から半信半疑でしたが、毎回送られてくるメルマガに、いつの間にか楽しみにしている自分があり、驚いております。メルマガだけでなく、質問メールを送らせていただきますと、心優しい励ましと共に、私に合った英語の勉強方法を心底丁寧にご指導頂き、本当に感激致しました。こんな気持ちは初めてでした。メールやビデオセミナー、バックナンバー等、このメルマガは内容満載で、ネガティブだった私も頑張ってみよう!と思うことの出来る内容で、そして、マンツーマンで英語の勉強をしている様な気分にさえなりました。

「先生の方法で突入したところ、かなりうまく話せました!」

読者の感想3

東京都 鈴木 賢一 さま

英会話はアドリブで話さなくてはならない!という固定観念があったのですが、それを捨て去ることが出来ました。実は、私は以前通っていた英会話学校のレッスンが半年くらい残っていたのですが、嫌になってしばらく休学にしておりました。

なぜなら、ちっとも会話上達していないのにクラスのレベルが高くなって周りの人のレベルも高くてついていけないと感じたからです。そこで休学を解除して渡邉先生の作戦で突入したところ、かなりうまく話せました!今までは会話中にフリーズして冷や汗が出ることが多かったのですが、事前に準備することでかなり精神的に楽になります!これで半年分の学費が無駄にならずに済みそうです。

「この方法以外にありえないと思っています…」

読者の感想4

オーストラリア在住 甲斐 さま

私は渡邉先生のメソッドを実践した結果、英語をかなり話すことが出来るようになり、留学先のオーストラリアの語学学校ではアドバンスクラスという一番上のクラスに入ることができました。私は、本当に英語を話せるようになるにはこの方法以外にありえないと思っています。

文法を全く知らない初心者も、細かい文法や難しい単語を知っている上級者も、会話が出来るようになるにはいつかは必ずこの方法に辿り着くはずです。今後もさらに先生のメソッドの内容を実践していき、より流暢に英語を話すことが出来るように精進したいと思います。

メルマガ配信解除方法について

万が一このメールマガジンを「いらない」「不要」と思われた場合には、いつでも簡単に登録を解除することが出来ます(メールアドレスも即時に抹消処理されますので、ご安心下さい):

  • メールセミナー(日中配信)と日刊メルマガ(夕方~夜配信)の両方を解除する場合には、お手数ですがそれぞれのメール末尾より解除手続きをお願い致します。

  • 解除が出来ない等不明な点がございましたら、お手数ですがこちらからお問い合わせ下さい。







ページの先頭へ