TOEIC(R)テスト受験の前に読んで

TOEIC(R)テストはカンタンなテスト?

「渡邉先生、今度会社でTOEICを受けることになったんですが、本当に私は英語が苦手だからどうしたらいいでしょう?」なんて相談を受けるのですが、まぁそんなに慌てないで下さい。まず、TOEICは世間で思われているほど難しいテストではありません。実際に、市販の公式問題集や対策本の2~3冊を買ってきて真剣に勉強すればそれなりのスコアは誰にでも出せます。

TOEICがカンタンなテストであるという理由としては:

1.マークシート方式であること(1/4の確率で正解が当たります)

2.実施回数が多いので、どうしても出題の「傾向」が出てしまう

3.いわゆる「引っ掛け」を逆手に取ることで裏ワザ的に攻略可


…などがあげられます。

よく考えて作られているテスト

TOEICは日本人のような非英語圏の人々の英語力を測るために作られたテストです。だから、日本人がよく間違える部分をわざと突くように作られています。ちょっと意地悪な問題が多いのもそのせいということですね。逆に言えば、そんなトラップの攻略法さえ知れば怖いものはありません^^

いずれにしてもよく考えて作られているテストですので、きちんと勉強をし対策を講じた場合は素直に高得点を取ることが出来、一方で面倒臭がって準備を怠った場合にはその結果がバッチリとスコアに反映されます。従って、重要なのは「準備」を適切に行うこと=攻略法を押さえて効率的に勉強する、ということです。

では実際にどのような準備(勉強)をすれば良いのでしょうか。ここも、忙しいビジネスマンにとっては効率よく、必要な部分だけを押さえて頂きたいと思います。以下にTOEIC対策の三原則を説明しますね:

■TOEIC(R)テスト三原則その1「語彙力」

もっともシンプルで即効性のある対策…それは語彙構築だけに集中することです。特に500点あたりを超えられない、或いはその辺りのスコアを行き来している…という人は、単純に語彙力だけの問題を解消すれば一気にスコアアップすることが多いです。

TOEICの場合はビジネス系・日常生活系のボキャブラリーがメインとなりますのでそれ以外の(例えば大学受験向け等の)アカデミックな単語を覚える必要はありません。また、レベル的にも難しいものは覚える必要は全くないです。仮にエッ!と思うような難しい単語が出てきても正解とは関係ない、単なるトラップに過ぎない単語であるケースが多いです。難しい語句・表現が出て来ても慌てずに平常心でいられることもTOEIC攻略の秘訣の一つと言えます。

■TOEIC(R)テスト三原則その2「基礎文法力」

TOEICの文法問題はパート5とパート6がメインとなります。いずれの場合も本当に「基本的」な問題ばかりですので、きちんと準備しておけば恐れる必要はありません。特に品詞問題を中心に、名詞と形容詞、動詞、副詞、前置詞、接続詞、関係詞、助動詞、時制、態(受動態/能動態)、仮定法あたりを中・高校レベルの参考書などで復習しておくだけで十分です。

コツとしては、対策を本格的に開始する前に一度公式問題集を使って模試を行い、間違えた箇所=自分の文法の弱点を洗い出し分析することです。それから弱点のみを集中的に補強するイメージで対策を行うと、もっとも効率的に文法力を身につけることが出来ます。

■TOEIC(R)テスト三原則その3「リスニング力」

語彙力、文法力については基礎的なものをしっかりと押さえておけば、そこそこ対応できるのがTOEICなのですが、このリスニングについては少し難しいところがあります。

それは問題音声の「スピード」が英会話教材等と比べて速い(いわゆるナチュラルスピード)という点。初心者向けの英会話教材などのスピードに慣れていると、おそらく「速い!聴き取れない!」と焦ってしまうかも知れません。また、一般的なアメリカ・イギリス英語以外のアクセントの強い英語も、ある意味慣れていないと難しく感じられてしまうかも知れません。

ここでお勧めなのは、YouTubeでネイティブのナチュラルスピードの英語に慣れておくことです。「ESL」「TOEFL」+「Listening」といったキーワードで動画を検索してみて下さい。リスニングトレーニングにもってこいの英語音声つき動画が山ほどヒットします。これらを毎日耳に入れる習慣をつけるだけでかなりの力がつくはずです。また、公式のリスニング問題集が出ていますから、本番直前には集中的に英語音声を耳に入れて英語対応型の耳(脳)に仕上げておくことをお勧めします。

時間がない人の味方「公式問題集」

TOEICを受験する人のほとんどが超多忙な社会人です。その多くが「TOEICの勉強に費やせる時間なんかない!」と悩まれています。そんな多忙な方は、いろいろな参考書や単語集などに手を出さず、ETS発行の「公式問題集」のみ手に入れて、これを使って集中的に勉強してみて下さい。

基本的にはまず自分の力で問題を解き、上記の三原則に基づき、わからなかった「語彙」「文法」を復習して覚えます。「リスニング」に関しては、問題文の「先読み」のタイミングを身につけるようにすると良いです。あれこれと手を出す前に、時間がない人であれば「公式問題集」だけを使って集中的に準備(勉強)しておくことで最大限の結果を期待できるはずです。

次回は、時間がまったくないビジネスパーソンが「何を」「どのように」対策することで、短期間で百点単位のスコアアップを実現できるかについて、実際のケースを例に検証してみたいと思います。


元・英語恐怖症の医薬通訳者・翻訳者がお送りする
おもしろくてためになる英語習得メールマガジン!


あなたにお送りするもの

どうすれば英語を話し、聴き取れるようになるのか?

いつでもカンタン・自由に解除が可能ですのでお気軽にどうぞ

*世界最高の信頼と安心の証であるベリサイン社のSSL(Norton SECURED)を使用しています。記入されたメールアドレスはSSLによって暗号化送信されますのでご安心下さい。

メールセミナーを読まれた方からの感想コメント:

* 個人の感想であり効果を保証するものではありません。

「こういう方法を他で聞いたことってあまりなかったので…」

読者の感想1

栃木県 沢村 真弓 さま

このメルマガと出会えたことは神様からのプレゼントじゃないかなぁってくらい感動しながら楽しく読ませてもらってます♪ すっかり忘れていた英語・英会話の楽しさを思い出させてもらえました!!! 初心を思い出すきっかけをもらえたこのメルマガとの出会いに心から感謝の気持ちでいっぱいです!

ビデオセミナーは、なんだかすごく惹きこまれてしまい真剣にしっかりと集中して聞き入ってしまいました(^^)また、3つのレポートを読み、こういう方法を他で聞いたことってあまりなかったので、英語学習者のためにこんな風に、太っ腹にコツを披露してくださる寛大さに本当に感動しました。

最近英語がまた楽しみに変わってます!このメルマガのおかげです!!! このメルマガは本当に楽しいし、英語のやる気がアップするし、私にとって良いことばかりで大感謝です☆★☆★

「半信半疑でしたが、毎回送られてくるメルマガに…」

読者の感想2

兵庫県 上杉 美紀 さま

仕事柄、外国の方と接することが多かったものの、英語が話せず意志の疎通が全く出来ず、また、道を聞かれたときも、英語が話せないばかりにその方につらい思いをさせてしまったことがあります。そんな自分の不甲斐なさと、英語が話せるようになりたい!外国の方とコミュニケーションが取れるようになりたい!そう思い、聞くだけでマスター出来る教材、文法の本など色々手に入れて頑張ってみましたが、身につくどころか挫折してしまいました。

どうしたものかと模索していたところ、こちらのサイトにたどり着きました。過去の経験から半信半疑でしたが、毎回送られてくるメルマガに、いつの間にか楽しみにしている自分があり、驚いております。メルマガだけでなく、質問メールを送らせていただきますと、心優しい励ましと共に、私に合った英語の勉強方法を心底丁寧にご指導頂き、本当に感激致しました。こんな気持ちは初めてでした。メールやビデオセミナー、バックナンバー等、このメルマガは内容満載で、ネガティブだった私も頑張ってみよう!と思うことの出来る内容で、そして、マンツーマンで英語の勉強をしている様な気分にさえなりました。

「先生の方法で突入したところ、かなりうまく話せました!」

読者の感想3

東京都 鈴木 賢一 さま

英会話はアドリブで話さなくてはならない!という固定観念があったのですが、それを捨て去ることが出来ました。実は、私は以前通っていた英会話学校のレッスンが半年くらい残っていたのですが、嫌になってしばらく休学にしておりました。

なぜなら、ちっとも会話上達していないのにクラスのレベルが高くなって周りの人のレベルも高くてついていけないと感じたからです。そこで休学を解除して渡邉先生の作戦で突入したところ、かなりうまく話せました!今までは会話中にフリーズして冷や汗が出ることが多かったのですが、事前に準備することでかなり精神的に楽になります!これで半年分の学費が無駄にならずに済みそうです。

「この方法以外にありえないと思っています…」

読者の感想4

オーストラリア在住 甲斐 さま

私は渡邉先生のメソッドを実践した結果、英語をかなり話すことが出来るようになり、留学先のオーストラリアの語学学校ではアドバンスクラスという一番上のクラスに入ることができました。私は、本当に英語を話せるようになるにはこの方法以外にありえないと思っています。

文法を全く知らない初心者も、細かい文法や難しい単語を知っている上級者も、会話が出来るようになるにはいつかは必ずこの方法に辿り着くはずです。今後もさらに先生のメソッドの内容を実践していき、より流暢に英語を話すことが出来るように精進したいと思います。

メルマガ配信解除方法について

万が一このメールマガジンを「いらない」「不要」と思われた場合には、いつでも簡単に登録を解除することが出来ます(メールアドレスも即時に抹消処理されますので、ご安心下さい):

  • メールセミナー(日中配信)と日刊メルマガ(夕方~夜配信)の両方を解除する場合には、お手数ですがそれぞれのメール末尾より解除手続きをお願い致します。

  • 解除が出来ない等不明な点がございましたら、お手数ですがこちらからお問い合わせ下さい。







ページの先頭へ